読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SANDBIRD

日記

バケモノの子を観た。前半は完璧で、監督のショタコンが爆発していた。ケモ描写は意外に薄いか。後半はちょっとな。楓さんは最後の戦いに関わらなくてよかったと思う。一郎彦の描写が薄いこともあって「九太と一郎彦の戦い」という感じがしなかった。楓さんの出番を削って、代わりに一郎彦との交流と、熊徹が付喪神になるシーンを入れて欲しかったなあ。今回はファンタジー色が強くて、中途半端なリアリティによる気持ち悪さがあまり出ていないから、その点ではエンタメになっていたのではないか。サマーウォーズとは違って分かりやすい過去を持った主人公なんだよね。おおかみこどもみたいにドライでもない。でもなんか細田守って、大作アニメ映画を!という要請に真面目に付き合って、要らないものを盛り込みすぎているような気がする。楓さんとのラブ的なものもそうだし、それに一郎彦の暴走をクライマックスに持ってくる必要があっただろうか。一郎彦が暴走して、それを九太と熊徹が解決する過程で九太が自分の心と向き合って人間として生きることを選び、そのあと熊徹と猪王山の決闘でクライマックス、っていうほうが個人的にはスッキリする。そう言えば、九太もとい蓮くんがエピローグのあとも渋天街にちょくちょく戻っているのか、それとも二度と戻らなかったのか、で解釈がだいぶ変わる気がするけど、どうなんだろうな。