SANDBIRD

日記

百合漫画アンソロの「エクレア」。面白いんだけどひとつひとつの話が短かくて満足度が低い。

‪たかだか数年ほどの流行の移り変わりを数十年レベルの時代の変化で説明する人って毎年発生するはずの認識のズレをどうやって合わせてるのか不思議に思う。‬

電子書籍推進の話をしているとどうしても「リアル書店を切り捨てろ」と言いたくなって困る…もちろん完全に消え去ることはなく少数精鋭の専門店みたいになっていくんだろうが…んだけどもちろん書店にも頑張って欲しいのは変わりないのでものすごく歯切れの悪い主張になってしまう。そこらへんでむしろ爆発しちゃったのが件の紙の本dis記事だろうし。電子書籍の良さをアピールしようと思うとどうしても紙の本と比べるしかなくなる。紙と電子が幸せに共栄していく未来があるのか分からないんだよね。共存ならできるだろうけど。

‪「劣化コピー」と言われる作品はコピー元に新しい要素を足し引きしたバリエーションの中で面白さがコピー元に劣るものを指すことが多くてだから「完全下位互換」の作品なんてなかなか無いよね。‬

Nintendo Switchはかなり欲しいのだが、ドックなしのパッケージはないのだろうか…

パワプロはどうしてペナントモードでチームを移ることができないのか…自分のチームが簡単に優勝できるくらいになればつまらない、そこから敵に回ってそれを倒すのが楽しいんじゃないか。分かってねえよなあ。

映画館直営?の映画の感想を書くサイトがあってわりとガチの感想を投下したら他の人のは一行感想ばかりだったという。

荒木比奈ちゃんがSSRになったと聞いてデレステ復帰しましたが当然のように出なかったので即日引退しました。

この世界の片隅に」観た。人の営み〜って感じだった。良いことも悪いことも。なんか出会ったり別れたり、一緒に暮らしたり支えあったり、義務ができたりしがらみができたり、変わりたくないのに変わらなきゃいけなかったり、好きになったり嫌いになったり、みんなで食事を我慢したり、生活ができなくなった嫁を助けたり、そういう助け合いを国家レベルに拡大していくと、戦争もまたそういう人の営みのひとつになるんだろうなと思うよね。あと百合だったよね。最初から最後まで綿密に作られて破綻がないという印象。良い映画だ。

「友達を作ると人間強度が下がる」というのは蓋し名言で、自分を貫こうとするたびに他人に遠慮してしまい、しかも自分の知られたくないところをどんどん知られるという、攻撃力も防御力も低下してしまうことになる。

自己嫌悪に陥る…
人生が豊かになったぶん
自分の軸がぶれてんだよね。

なんかコンビニ業界が三社で固まってつまんなくなったのでいまコンセプト先行のめちゃくちゃ尖ったコンビニをやればいけるような気がする。

吐き気がする。何かこれまでに感じたことのない気持ち悪さだ。