読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SANDBIRD

日記

オルフェンズ。最下層の鉄華団&ヒューマンデブリ、中間層のクーデリア&市民、貴族層のマクギリス&ギャラルホルン、という構図があって、第1期は最下層と中間層を中心に描き、第2期は最下層と貴族層を中心に描いている、という感じだけど、そのため第1期はギャラルホルンという組織がよく分からないままカルタやガエリオと戦い、第2期は鉄華団やマクギリスの行動が市民たちにどう影響を与えているのか分からないまま話が進んで、常にどこかしら世界観にぽっかりと穴が空いているなあという印象だけど、まだ最新話まで観られていない。

完全ワイヤレスイヤホンのストレスのなさはすごい。付けたまま外に出てしまいそうになるな。

ゼルダBotWの良さって結局は精度の高さだな。バグの少なさ。物理演算の安定感。プレイヤーが想定外のことをしても枠内に収めてしまう、というところのカプセル化というか、外殻が強固なので内部で何が起きても外は安心ですよというか、そういう安定がストレスを減らす。

ゼルダ。隅々まで探索するようなプレイだと始まりの台地を抜け出すあたりでやや中弛み(頭弛み?)を感じたけどそっからガンガン先に進むやり方に切り替えたらめちゃくちゃ面白くなってきた。別に進むだけならいくらでも進めるし、危ないと思ったらすぐにワープで戻ればいい。死ぬのにペナルティはほとんどないシステムだけど同じところで死にまくってるとダルくなるのでそうなったらもう大陸の反対側にワープしちゃうくらい逆に振ればいい。つまみ食いみたいだけどそれだけでも濃密なプレイ感が味わえるから。あとミファー様が可愛すぎる。

switch。とにかくゲーム機として好き。コンセプトがピンズドすぎる。OSも良い。vitaと比べたら月とスッポンというかまあvitaのOSはこれまでに見たなかで最悪の代物なので比較にすらならないんだけど、とにかく任天堂がこんなまともなOSを作れるなんて思ってなかった。感動した。

最近のローソンの悪さって何だろう。とにかく弁当類に魅力がない。ごく普通のものしか取り揃えておりませんって感じ。健康志向系のものは増えてるけどそれもマクロビとかだしなあ。

サガ・スカーレットグレイス。典型的なJRPGという感じで、途中で止まってる。奇形的なバトルシステム、微妙なストーリー、頑張って工夫しました感。

百合漫画アンソロの「エクレア」。面白いんだけどひとつひとつの話が短かくて満足度が低い。

‪たかだか数年ほどの流行の移り変わりを数十年レベルの時代の変化で説明する人って毎年発生するはずの認識のズレをどうやって合わせてるのか不思議に思う。‬

電子書籍推進の話をしているとどうしても「リアル書店を切り捨てろ」と言いたくなって困る…もちろん完全に消え去ることはなく少数精鋭の専門店みたいになっていくんだろうが…んだけどもちろん書店にも頑張って欲しいのは変わりないのでものすごく歯切れの悪い主張になってしまう。そこらへんでむしろ爆発しちゃったのが件の紙の本dis記事だろうし。電子書籍の良さをアピールしようと思うとどうしても紙の本と比べるしかなくなる。紙と電子が幸せに共栄していく未来があるのか分からないんだよね。共存ならできるだろうけど。

‪「劣化コピー」と言われる作品はコピー元に新しい要素を足し引きしたバリエーションの中で面白さがコピー元に劣るものを指すことが多くてだから「完全下位互換」の作品なんてなかなか無いよね。‬

Nintendo Switchはかなり欲しいのだが、ドックなしのパッケージはないのだろうか…

パワプロはどうしてペナントモードでチームを移ることができないのか…自分のチームが簡単に優勝できるくらいになればつまらない、そこから敵に回ってそれを倒すのが楽しいんじゃないか。分かってねえよなあ。

映画館直営?の映画の感想を書くサイトがあってわりとガチの感想を投下したら他の人のは一行感想ばかりだったという。

荒木比奈ちゃんがSSRになったと聞いてデレステ復帰しましたが当然のように出なかったので即日引退しました。